薬の問題-精神科の薬-

向精神薬とは

  中枢神経に作用し精神機能(心の働き)に影響を及ぼす薬物の総称で、
  精神科などで使用される薬剤のことです。

 

以下のような種類があります

       催眠薬(睡眠薬)
       抗精神病薬(強力精神安定薬)
       抗不安薬(精神安定薬)
       抗うつ薬
       抗躁薬
       気分調整薬(気分安定薬)
       精神刺激薬(覚醒薬)
       抗てんかん薬(抗けいれん薬)
       抗パーキンソン病薬
     (抗酒薬 認知症治療薬)など

 

現在処方されている薬の副作用については、以下のHPで調べることができます。
副作用の項目をご覧になると、唖然とすると思います。

例えば、妄想を抑える目的で処方された薬の副作用が妄想の出現となっています。

 

医療用医薬品の添付文書情報

http://www.info.pmda.go.jp/psearch/html/menu_tenpu_base.html

 

-------------------------------------------------------------------------------- 

リスパダール

       その他の副作用

       10. **精神障害 1%未満
        妄想、うつ病、幻覚、抑うつ症状、躁病、被害妄想、精神症状、睡眠障害、 

        緊張、自殺企図、錯乱状態、リビドー亢進、徘徊

-------------------------------------------------------------------------------

 

発生確率は関係ありません。
多くの被害者に低い発生確率の副作用が出ています。

ご自分が処方した薬剤の「添付文書」さえも読んでいないという医師もいるようです。
被害者にならないためにも、是非「医療用医薬品の添付文書情報」をご活用ください。